勤務先が副業を解禁していないという人でも、資産を増やせる方法が投資です。副業代わりに始められる投資には様々な種類がありますが、その中でも少ない資金で大きな利益を目指せる投資法と口コミで人気となっているのが、海外FXです。高レバレッジを使える海外FXを選べば、1万円程度の初期費用でも本格的な取引ができると口コミでも評判となっています。

ただ、副業の代わりに海外FXを始めたいと、情報収集をする中で、無登録の海外の業者は利用しない方が良いと呼びかける金融庁のサイトを目にしたことがある人もいるでしょう。日本の金融庁が呼び掛けているということは、利用をすると詐欺被害に遭うのではないか、大きなトラブルに巻き込まれてしまうのではないかと不安を感じてしまう人は少なくありません。確かに、海外FXの中には最初から騙すことを目的として、営業をしている業者も存在をします。よく調べず、詐欺目的の業者に引っかかれば、資産を失うなどの被害に遭ってしまうこともあるでしょう。ただ、日本の金融庁に登録をしていない業者は危険かといえば、そうではありません。

海外のFX業者が、日本で営業をする際には、日本の金融庁に登録をしなければいけないのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、どこの国で登録をするかは業者次第で、必ず日本の金融庁に登録をしなければいけないという決まりはありません。さらに、日本の金融庁に登録をしていない海外FXを利用したからといって、罪に問われることもないため、無登録の海外FXであっても安心して利用をすることができます。ただ、どこの国でも登録をしていない業者や、口コミなどで問題があると言われている業者は避けておくことが賢明です。

ただ、注意をしておかなければいけないのが、税金です。海外FXの利用自体は違法性がなくても、利益が出た時に申告をしなければ脱税行為となっています。日本の金融庁で登録をしていない業者であれば、使ってもお金の動きを知られることはないと考える人もいるでしょう。しかし、海外に対する送金は、税務署に把握されています。そのため、海外ならバレないと考えず、利益が出た時にはしっかりと申告をしておく方が良いでしょう。

申告によって、勤務先に投資をしていることがバレたらと不安を感じる場合は、住民税を普通徴収にしておくと良いでしょう。特別徴収を選ばなければ、税金の額が増えたことによって副業代わりの投資がバレてしまうという心配がなくなります。