アウトレットせどりの仕入先には、実店舗とインターネットの2種類があります。それぞれ特徴が違い、それぞれにあった仕入れ方をすると効率的な仕入れができます。では、どのように仕入れていけばよいのでしょうか。

実店舗での仕入れ

よくある失敗パターンが、何も考えずに実店舗に出かけて無駄に時間が経ってしまうことです。アウトレットショッピングモールは面積が非常に広く、何十もの店舗が入っています。これらの店舗をひとつひとつ見ていくことは1日では無理です。
このような失敗をしないために、アウトレットショッピングモールに出かける前に、仕入れをしたいお店を確認しておきます。2~3店舗ほどピックアップしておくとよいでしょう。
そして、実際にお店についたら商品を探していきます。目玉商品のコーナーは見逃さないようにしましょう。目立つ場所に設けられていることがよくあります。新作商品をいち早く店舗で販売していることがあり、場合によっては新作を安く手に入れることもできます。
しかし、この方法では慣れていないと仕入れに時間がかかってしまいがちです。
そこで、あらかじめ仕入れたい商品も出かける前に調べておきます。仕入れをしたい店舗の公式サイトを見れば商品を調べることができます。ただし、公式サイトで紹介されていても店舗に置いていないことがあります。お目当ての商品が店舗にはなく、出かけたのに仕入れられなかったということにならなように、商品についてもいくつかピックアップしておきましょう。

インターネットを使って仕入れ

メルカリ、ヤフオク、ラクマなどでアウトレット商品が販売されていることがあります。「アウトレット」で検索をすれば商品がでてきます。
転売をして売れる商品を探すために、メルカリなどでの売れ行きを確認しておきます。販売状況の「売り切れ」にチェックを入れて検索をすると、売り切れ商品も表示されます。売り切れているということは需要があるということです。
また、売り切れている商品が現在も新たに出品されているか確認をすると、価格差を確認できます。
儲かりそうな商品の関連商品は価格差を見つけやすいです。たとえば儲かりそうな商品がパソコンの場合、関連商品はプリンター、USB、プリンターのインクなど考えられます。

このように仕入先によって効率的な仕入れ方法が違います。それぞれをうまく利用をして、効率的に仕入れて損をしないようにしてみましょう。